社長挨拶

CEO
代表取締役社長
内海 康裕




トーテックは『電気工事を通じて社会に貢献する』をテーマに、昭和44年設立以来、東京電力と一体となって街のすみずみにまで電気をお届けしてきました。仕事の中心となるのは、架空配電線工事。発電所で作られた電気を、家庭や職場に確実に、安全につなぐ工事です。街のあちこちで電柱の上で作業している様子を目にされる事があるかと思いますが、電柱に身体を固定させながら、あるいは高所作業車を使用して高度な作業を行い、停電や情報遮断なく電気をつなげているのです。また、災害、事故などの非常事態が起こり、電気が止まってしまったら素早く現場に出動し、できる限り早く復旧させるのも私たちの仕事です。それ以外にも、古くなった電線や電柱の取替や保守工事、更には区役所や学校、公園、病院など中・大規模施設の屋内電気配線工事なども実施しています。街のライフラインである電力ラインを架線し続けてきました。そして今、IT時代を迎え、光ファイバ通信回線工事などの通信・ネットワーク工事など、新しい技術の取得にも積極的に取り組んでいます。

私たちの使命は単なる電気工事ではなく、電気をつなぎ、人々の暮らしを守り、新しい豊かさを広げることです。公共の道路を使って行う仕事が大部分ですから、周辺住民の方々のご理解を得た上で無駄を省き、効率よく作業する事が要求されます。街の中に自分の仕事が形として残り、人々の生活に役立つ。そこに仕事のやりがいがあるのです。